かみあわせコンテンツ|名古屋市中区の噛み合わせ治療なら、かみあわせナゴヤデンタルクオリティへお任せ下さい。

かみあわせコンテンツ

歯科医師衛生士、防災士災害ボランティアの...

歯顎塾

これから歯科医師が、配慮すべき疾患。これから地域の防災士や災害ボランティアが、避難所の被災者に特に配慮すべき疾患。それが肺炎であり、なかでも誤嚥性肺炎のリスクを下げるのが、歯科医師衛生士が啓発する口腔ケアです。そして、避難生活全般では、災害ボランティアもできる避難所衛生啓発です。災害あれば、弱い人はさらに弱く。弱いところはさらに弱くなるからです。私たちは、そのために為すべきことをしていきます。...

続きを読む

患者様の声について

患者様の声

かみあわせナゴヤデンタルクオリティでは、患者様より様々な声を頂戴いたします。その一部を当ページにて、ご紹介して参ります。

続きを読む

第9回 歯の寿命、身体と一緒がいいね

歯顎塾

歯の本数は、全部で何本あるかご存知ですね。 親知らずをのぞけば、上が14本、下が14本あわせて28本です。 あなたは今、何本ありますか? ご存知ない方はこの機会に数えてみましょう。 28本ある人は、あなたの身体の命がつきるまで、その数をキープしましょう。 それより少ない人は、これ以上歯を減らさず、その数でキープしましょう。 しかも歯は、天然の状態で。けずらず、つめず、かぶせず、神経とらず、ね。 ...

続きを読む

第8回 チャレンジ<>チェッ...

歯顎塾

かみあわせナゴヤデンタルクオリティのオリジナル最新版。 かみあわせの健康を、量と質で判定できる臨床テストです。 年齢性別を問わず、どなたでもご自分のかみあわせの健康チェックが簡単にできます。項目は20です。Yesなら、チェックしてみましょう! これはかみあわせの健康を数量で示します。 (安心の度合を量でチェック) Yesの数が20あればパーフェクト!? 18以上でモアベター。16以上でベター。15以下なら要注意。 Yes...

続きを読む

第7回 今、何ができるか、何をすべきか。...

歯顎塾

歯を大切にしたい人におくる 歯を大切にしてきた人々のデータ(一部) まじめに、ひたむきに、いちずに、やってきました。<小さな治療プラス、メンテナンス><小さな治療プラス、メンテナンス> 今、何ができるか、何をすべきか。大切なのは、今から。 

続きを読む

ページトップへ戻る