コンセプト|名古屋市中区の噛み合わせ治療なら、かみあわせナゴヤデンタルクオリティへお任せ下さい。

名古屋市中区の「かみあわせナゴヤデンタルクオリティ」

簡単今すぐネット受付

09054548010

コンセプト

(旧)「かみのあい診療所歯科」その名前にはこんな思いが込められています

先ず、ここがどんな趣旨で診療をやっているのか、少し紹介させていただきます。
診療所のネームに、びっくりされた方も多いと思いますが、ここは教会ではありません。
信仰者のための治療施設でもなく、患者に信仰を強要するところでもありません。
診療所名の筆頭に掲げた「かみのあい」とは、患者さんの診療にあたる歯科医師としての私の心構えを、私自身が常に忘れないようにとつけたものです。クリスチャンとしての私の心のベース、私の心の支え、それは「かみのあい」です。
たとえ歯科医師という専門家であっても、奉仕者として真心を込めて患者さんに接していくために、自身の覚悟と戒め、そして希望と目標を示したものです。 次に、「診療」という文字を持ってきたのは、口や歯は、身体の一部であるということを言いたかったからです 。
日本の歯科医師は 、 医学部を出ていません。
歯学部しか出ていませんので、医師とのお付き合いもほとんどなく、通常歯科医師は歯のことしか考えません。
しかし、口や歯は身体の一部であることに間違いはなく、身体の健康を考えた歯科、身体の健康を崩さない歯科治療、それが歯科医学の前提だと考えることは、とても重要ではないでしょうか。
つまり、心があって、身体があって、そして「歯科」があるという、歯科医師としての立場です。
この順番を大切にする歯科が、『かみのあい診療所歯科』です。
歯科治療と身体が、特に密接に関係しあっているのが、 歯のかみあわせです。歯科治療と心が、特に密接に関係しているのが、歯のかみあわせの治療です。
そのような私の診療哲学と診療の現実をふまえて、このような名前にさせていただいたのです。
そして、現在は「かみあわせナゴヤデンタルクオリティ」に。

歯のかみあわせについてもっともっと、とことんこだわる歯科

歯のかみあわせは、歯科では「咬合」といいます。
削る、詰める、かぶせる、抜く、入れる、並びかえるなどの、日常の歯科治療はほとんど、咬合とも関係があります。
歯の治療の際、痛みの消失や、見た目の回復だけで、安心してしまって、咬合においては、十分に考慮されていなかった、そのようなケースが意外と多く、現在でもなお見られます。
そのことに患者さんも気がつかず、歯医者も気がつかないケースは少なからずありますが、患者さんは気がついていても、歯医者がわからないというケースもないわけでもありません。
ひょっとしたらかみあわせ?これもかみあわせ?やっぱりかみあわせ?
なんとなく、そうかなあと思っていたが、などなどの『半信半疑』から『絶対間違いなく』まで。後になって振り返ってみれば、たしかに歯のかみあわせだったんだ!という実話、歯のかみあわせと身体についての実話、歯のかみあわせと心についての実話は、本当にたくさんあるんです。
ここは、そのような患者さんに、たくさんお会いしてきた診療所です。歯のかみあわせは、歯科の中心です。歯のかみあわせは、あなたの身体の健康のもとです。
歯のかみあわせは、あなたの心の安定のもとです。ここは、歯のかみあわせを大切に、大切に、大切にする!歯科診療所です。

治療方針

患者さんは一人ずつ診察。併行同時診療は行なっておりません。
一人、最低1時間を約束。指導も説明も治療も歯科医師が責任を持って全て行ないます。
噛み合わせ歯医者は治療も技工もできて一人前。技工のできる歯科医師です。
技術や質は、来院される患者さんの数ではありません。
治った患者さんの確率です。
1人ずつ丁寧な治療、手抜きをしない治療をやってきたから、歯科医師の手が荒れていない。
患者さんの話を良く聞く、患者さんに話をよくする。その結果信頼関係ができる。
つまり、予約した診療時間内は、診療所と歯科医師を一人の患者さんで、言わば、貸し切りというのが、この診療所の常識です。
それは、診療に責任を持つための、歯科医師としての私の治療スタイルでもあります。責任治療だから、高い質の治療で、問題が解決できるのです。

一日の人数限定で安心ゆとり治療

ミニマム診療所から、マックスな安心のご提供。
一人のために全力で診療し、責任を果たします。
患者さんの歯の見守り役として、これからもずっと歯に感動し、歯に感謝し続けていくんだと思います。
申し訳ありませんが、当診療所は日本で一番小さな診療所です。
一人の歯科医師以外スタッフはいません。
治療イスは一台きりで待合室も狭いですが、歯科医師と患者さんが互いに、歯と真剣に向き合っていくための診療室です。
そこはたとえ茶室のように狭くても、広い世界観を持って、最新の知識と最高の技術を、一人の患者さんのために使い、最善の安心を追及し続けているうちに、自然とこのような形態になってきました。

絵 加藤ひさ

ドクター加藤へ質問

ページトップへ