第9回 歯の寿命、身体と一緒がいいね|名古屋市中区の噛み合わせ治療なら、かみあわせナゴヤデンタルクオリティへお任せ下さい。

名古屋市中区の「かみあわせナゴヤデンタルクオリティ」

簡単今すぐネット受付

09054548010

歯顎塾

第9回 歯の寿命、身体と一緒がいいね

2015年10月28日

歯の本数は、全部で何本あるかご存知ですね。
親知らずをのぞけば、上が14本、下が14本あわせて28本です。
あなたは今、何本ありますか? ご存知ない方はこの機会に数えてみましょう。
28本ある人は、あなたの身体の命がつきるまで、その数をキープしましょう。
それより少ない人は、これ以上歯を減らさず、その数でキープしましょう。
しかも歯は、天然の状態で。けずらず、つめず、かぶせず、神経とらず、ね。

 

どうしたら、それができるでしょう?
単に、歯医者さんにお任せでは、ダメ!
痛くなったら、歯医者さんに行く。
それでは、遅い場合もあります。
どうしたら、いいでしょう?
その鍵、お教えいたします。
あなたにとって、歯の問題がないとき、自覚症状のごく軽いときに、歯医者さんに行ってください。
そのときにするのが、「あなたの歯が喜ぶ、あなたの歯医者さん探し」です。

 

そのポイントはコレ。
行く前に事前に連絡をして、歯とブラッシングについて相談したいが、費用とかかる時間を教えてもらってください。
そのアナウンスの内容に納得がいけば、一次試験合格です。
そして相談のとき、予防や健康についての説明にどれほど力と時間と情熱がかけられているかが、二次試験です。
さらに、虫歯と歯周病とかみあわせの関係、歯と身体の密接な関係についての質問、そして最後はもちろん、今後のあなたの歯の維持計画についての質問などなど、あなたから歯医者さんへの口頭試問が三次試験となります。
この三次試験(つまり親切で、十分な説明を聞いて)に合格した歯医者のみ、自分のお口のサポーターとして治療医として、認定しても良いかと思います。
しかも途中であなたとコミュニケーションが途切れないことも条件です。
最後にあなたの主治医は、アシスタントではありませんよ、あくまで歯科医師であることをお忘れなく。

歯の寿命と身体の寿命を一緒にする。
グッドラック!

ドクター加藤へ質問

ページトップへ